京都の街で骨董品買取の専門店を探してみよう

骨董品に魅了される理由とは

骨董品は多くの人には「ガラクタ」と呼ばれるようなものが複数あります。しかし、その価値を知る人からすれば、希少性や歴史的な価値があるものです。骨董品はインテリアなどとは違い、華やかでないものが多くあります。しかし、その品に込められた歴史や出来事は、大きな魅力となって現在に残り、マニア達の間で取引されることがあります。

比較して骨董品と美術品の違いを知ろう

古き良きを現代に伝える骨董品

骨董品の大きな魅力は、その形が作られた時からの歴史です。長い歴史をかければかけるほど、歴史上の人物が使用していたり、歴史的瞬間に立ち会った物として、歴史的価値を見出すことが出来るのです。そのため、本来ならば傷がついているからと言われるものも、歴史を紐解いていけば、名のある人物がつけたものと言われる事もあるのです。

美しいを芸術で表現した美術品

美術品は古今東西あらゆるところで発見されます。骨董品との大きな違いは、歴史ではなく美しさに重点を置いているということです。そのため、歴史的な人物から現在で存命のアーティストまで、芸術家と呼ばれ、その人達が作り上げた作品を「美術品」と呼び、個展や展覧会が開かれる事があります。

京都の街で骨董品買取の専門店を探してみよう

財布

骨董品は判断するのが難しい

骨董品は専門的な知識を持った人でないと、ガラクタなのか価値があるものなのか判別することが難しいです。そのため、価値のある壺とは知らず居間に飾っていたり、価値のない皿を大切にしまっていたりと、多くの失敗例を耳にすることもあります。自分で判断するのではなく、評判のいい鑑定士に鑑定を依頼することで、その品の価値を査定してもらい、品に合った保存方法を聞いてみましょう。

鑑定してもらって買取をお願いする

骨董品はなんといっても管理が難しいものです。そのため、いざ手放すと決めた場合、どこでどのように処分しようか悩んでしまう人もいると思います。価値があるかもしれないと考えるとなかなか処分するのにも躊躇してしまいます。そんな時は、鑑定士に骨董品買取専門店で鑑定してもらうのがいいかもしれません。京都などにある骨董品買取専門店では、経験豊富な鑑定士によって鑑定を行い、査定金額をその場で出してくれます。

買取ってもらう際の注意点

骨董品を買取ってもらう際に、綺麗にする事はとても良いことです。しかし、あまり掃除をしすぎると、骨董品を作成された時のチリなどが剥がれてしまったり、逆に細かな傷が付いてしまう恐れがあります。掃除をする頻度を高めずに、状態を保つのが大切です。また、箱や鑑定書等の付属品などもきちんと揃えておく必要があります。骨董品自体を買取ってくれる専門店もありますが、付属品が揃っている事により、鑑定士もより詳しく鑑定を行うことができます。

骨董品買取を利用したお客さんの声

娘夫婦と同居のために手放した

若い頃から骨董品と呼ばれるものを集めていたが、娘夫婦と一緒に暮らすことになり、持っていくわけにはいかないため、買取を依頼する事にしました。最初は不安でしたが、丁寧な鑑定方法と鑑定後の説明がわかりやすく、納得する事ができました。

父親が集めていた骨董品を買取ってもらった

父親は時代劇などが好きで、その影響で印籠や掛け軸などの骨董品を集めていました。最近になって整理をすると言われたので、骨董品買取店を調べるなどの手伝いをして、査定に出しました。状態も綺麗な方だったので、思っていた以上の金額で買取ってもらえたのでよかったです。

生前整理のために手放しました

友人との話で生前整理をすることになり、代々家にある茶道具を骨董品買取に出すことにしました。子供に譲ろうかとも思ったが、自分以上に骨董に興味がないため、荷物になってしまうと思い、今後の足しになればと思って鑑定してもらうことに。丁寧な鑑定と説明で、納得のできる査定内容でした。業者もしっかりしていたので、安心できたところがよかったです。

広告募集中